2011年03月27日

被災地=三陸の山田町へ激励に行く

 ご心配をおかけして申し訳ありません。
 高橋勲、元気で頑張っております。暮坪農場は、田んぼの畦畔に亀裂が入った他は、さしたる被害もなく、忙しい日々を送っております。
 被災直後に発生した食料不足に対応して、盛岡市内に数日で4トンほどの精米を送り続けました。
 25日には、地元の農家の人たちとともに、三陸の山田町へ農産物をトラック2台・タウンエースに満載して、激励に行ってきました。テレビで見ていたとはいえ、あまりの惨状に胸が詰まりました。それでも、自衛隊や全国の車のナンバーに励まされ、なんとか目的地に到着。
 たくさんの野菜に被災者の手が伸びるだろうとの予測はもろくもうちくだかれました。
 聞いてみると、「電気がない」・「水道が出ない」・「ガスもボンベに残っているだけ、補充の予定がないので、お湯を沸かすぐらいで節約している」とのこと、さらに1階は津波で流され残った2階にいるが「包丁もない」、とのこと。
 おにぎり800個・生卵1000個・お花【ストック】200束のプレゼントを目の前にしたおばあちゃんたちに、一瞬の笑みを見ました。
 なんということか!山田町民の8割に当たる15000人の安否が未だ不明とのこと。行商のたびに会って顔見知りとなっていた山田のおばあちゃんたちに会うことはありませんでした。……。
 ささやかな行動ですが、また行こうと思います。
 精米2トンと各種野菜や漬物・りんごなどコンテナで2トン、お花が1トンのハイエース1台分、これが個人の有志では限界です。でも、何とかしなければならないし、何とかしたいという思いが強く湧きあがりました。
 こんな場合ですので、経費はすべて自腹です。でも、また行きたいので、全国のみなさん!ぜひうちのお米を買ってください。それをも原資にしてまた、山田町に行きたいのです。
よろしくお願いします。
posted by ihatobo at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月25日

雑感

 ご無沙汰しております。
 「今年も残すところあといく日」と言われております。もうそういう時期なのですね。年ねん百姓家業が身にしみついてきて、外界がどうなっているのか、気にならなくなってきました。悪く言うと、仕事に追いまわされているということなのでしょうけど。まぁ、よくいっても、そういうことですかね。
 私も約30年ほど「都会生活」というものを経験してきたけど、今テレビに映った丸の内や東京の夜景を見ると、こんな所に住んでいたのかとまったく信じがたい感覚に襲われますね。
 きれいにお化粧して、はやりのファッションを追いかけ、過酷な通勤電車に押し込められ、……。
 昔はおいらも都会生活にあこがれ、田舎を後にした……。
 今は、朝は起きたくなったら起き、腹が減ったら飯を食い、ウンコがしたくなったらトイレに行く。こっちに戻ってから、メガネは必要なくなったし、便秘になることがない。猫がいる。ネズミがいる。タヌキは毎日、家に周りに出没。雀がいる。
 12月20日に三陸の山田町に米や野菜をもって行商に行ってきた。なじみのお客さんたちが集まってくれ、たくさん売れた。帰りに、「カキ小屋」に行って、蒸しガキの食べ放題に挑戦。塩辛くてなかなか量は進まない。55個食べて当日の最高と言われた。帰りに、向かいのお店で、当日取れたカキやアワビを買ってきた。うまかった。
 このまま正月に突入しそうだ。まだ、秋じまいガ終わってなくて、農機具類が外にだしっぱなし。雪の下になっている。
posted by ihatobo at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月17日

長雨が続く

 明日には雪が降るという予報が出た。
 稲はまだ、40aほど残っている。
 米袋を持ち上げ過ぎたせいで、腕が痛む。キーボードの入力も思うに任せない。
 今日は、仕方なくトマトの収穫をした。こんなに遅くまでトマトが収穫できるのは驚きだ。きつい寒さ=霜が降りないために、トマトが凍らないためだ。かれこれ7~8年になるトマト栽培の経験でも、初めてだ。かれこれ120kgぐらい収穫したかな。これから、汚れをふき取り、袋詰めだ。
 役場から、連絡が入った。農地水環境保全向上対策の営農支援についてもヒアリングが設定された。その準備をしないといけない。
 21年産の農場の米の収穫はここ2年間の低迷を打ち破る勢いだ。6俵、6俵半、という成績だったから。少しは上を向いてもらわないと。
 それにしても、稲作農家のつくる米はうまくない。驚いた。専業農家のコメは食味地が70クラスだ。確かに、現在の制度ではコメの質は全く問題にならない。見面がよくって、量が取れれば金になる、というもの。だから、みんな肥料をたくさんやって、米粒を大きくし・量を多く取ろうとする。結果、まずい米になるというわけだ。現在の農協出荷ないし業者への出荷を続ける限り、量と見面 しか問題にならないからだ。
 そして、米は余っているから減反だという。作付面積を狭めるだけで、狭めた面積の中でまずいコメをたくさん実らせるというのは矛盾だが、個別の農家ではどうしようもない問題だ。

 
posted by ihatobo at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月31日

まだ稲を刈り取り中です

 明日から11月で、しかも3かとか4日には雪が降るというのに、まだ稲の刈り取りが残っている。早く刈ってしまおうと今日は11時から作業開始。ほとんど倒れてしまった稲は、一方からしか刈り取りができず、作業が遅れる。赤石の30aを刈り終えたのが14時半ごろ。それからダンプを運転して戻り、乾燥機に張り込む。大巻の田んぼに入ったのが16時半ごろ。1時間もしないで暗くなり、何度もコンバインを詰まらせ、おまけにベルトを焦がしてしまう。最後は太鼓を詰まらせ、ベルトを切ってTHE ENDとなりました。
 張り込みを終わって、20時過ぎ。
 明日は、ベルトを手に入れてからの挑戦だ。
 昨日、山田に行商に行ってきた。米が10kg袋120袋ほど。他に野菜が2トンロングに目いっぱい積んで行ってきた。びはんプラザ店脇で販売をするのだが、今回でかれこれ8回目ぐらいかな?お客さんが覚えていてくれて、たくさん買って行ってくれる。今回の目玉は佐比内産のぶどう。佐比内一番と私が目をつけたYさんのブドウ。スチューベンが1500gぐらい入って300円を格安。あっという間に完売。お米はなかなか売れなかった。
 食味値81と82の特A米を持っていった。
 来月も30日にお邪魔しますので、待っていてください。
posted by ihatobo at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月13日

ついに新米発送!

 ついに、とうとう、新米の発送にこぎつけた。
 新米の予約をいただいた方々に、「月曜日に検査を受け、午後にも発送します」などとメールを送ってしまった。そのあと、検査をする会社に聞くと、「月曜日は休みです」、と。いつの間にか世の中、3連休、てな訳で、月曜日発送のお約束は、チョン!
 歌謡の3日にやっと検査を受け、一部発送した。今日もトラブル発生!。80余歳の爺さんから、「うちのコメを売ってきてくれ」と頼まれ、毎年なのだが、一人で2トン車に積み込み、名前のハンコを押して、業者に持ち込んだ。
 なんと、すべてのコメ袋の重量が150g不足だって!いまさら持ち帰るわけにもいかず、私の検査済みのコメ袋からお米を出して、20袋全部に150gづつ、加えて、さらにパレットに積みなおし。大幅に時間オーバーで、盛岡への配達は断念。明日からは刈り取りだし、どうするんだ!?
 川に、6匹のサケが産卵するために、しきりと小石を掘っている。かわいそうなくらいいじらしい。川幅1mぐらいの狭い川で、せっせと産卵している。都会にいる頃は想像もつかないことだったけれど、10年もするときわめて自然なこととして受け入れられる。慣れるとはこういうことなんだな。
 岩手山には初雪が降ったというし、川ではサケが産卵し、おれの田んぼはまだ稲を刈っていないが、だんだんと秋から冬へと移行してゆく。
 今年の稲には、イモチ病予防の薬も・カメムシ殺しの薬も、一切使用しなかった。雪栽培は勿論・特別栽培も・慣行栽培も。そのため、うちの田んぼでは、イナゴがたくさん飛びまわっている。どじょうが沢山いる。大きい奴も、明らかに今年生まれたと思われる小さい奴も。
posted by ihatobo at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月08日

台風がやってきた!

 10月8日、雨・風=台風18号がやってきた。
 外界の台風のあおりをくらって、おなかも台風状態。朝からトイレに通いっぱなし。仕方なく、正露丸をのむ。
 一昨日から、ひとめぼれの刈り取りを始めた。昨日、アファス認証センターという有機栽培の認証会社から、21年度の有機・特別栽培の認定がおりた。
 これで21年産米の販売体制が出来上がりつつあるが、肝心のお米はどうも調子が出ない。まだまだ、成熟過程であった未熟米が多いようだ。暑いときに熱くなかったから、メリハリがきかないようだ。
 10月1日開店のクロステラス盛岡に「賢治の大地館」の開店フィーバーも山を越した模様。台風の影響か本日の売り上げは最低を更新した。
 それにしても風が強い。ハウスが倒壊しなければよいが。
posted by ihatobo at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月03日

賢治の大地館出荷報告

 10月3日午後 
 今日も盛岡市内にオープンした賢治の大地館という産直店ポへ行ってきた。連日の人盛りで、私立ち紫波産直部会(愛称・パパラギ)の品物が飛ぶように売れてしまし、毎日2回運び込んでいるためだ。1日は、運送屋さんにお願いしたが、2日、3日は、どのくらい野菜が集まるかわからなかったので、自力で搬入した。ぶどうは、佐比内産の絶品を連日50〜70パックが完売状態。トマトも100〜150パックが同様。
 何しろ、産直というかお店の開店というものを体験したことがないので比べようもないのですが、とにかく大変な人盛り。驚くというか呆れてしまう。
 産直のスタッフさんも疲労困憊。直接表には現れていないが、出荷する農家もてんてこ舞い。おまけに稲刈りが始まっている最中、本業の稲刈りを投げ出して、野菜を盛って駆けまわっている。
 だけど、携帯電話で現在直下の売れ行き状況がわかるから、張り切らざるを得ないのだ。
 直売農家のはしくれとしては、なんとかしてこの産直館を成功させて、盛岡に多くの消費者が集う農家の直売センターとしたいものだと思い、できるだけの協力をしようと思うので、皆さん是非ご協力を!
posted by ihatobo at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月29日

サケの遡上

9月29日 雨のち曇り
 今日はいよいよモミすりだ。ヒメノモチ110a分のうち50a。
 モミすりがいやで、今日まで伸ばしてきたが、もう逃れられない。ひとめぼれも田んぼによってはあと1週間ぐらいで刈り取りできそうだし、早めにモチを片づけておかなければならない。作業をやりだせば、やるしかないからやるのだが、入る直前が一番嫌だ。
 昨日、田んぼの畦に行って、キノコを採ってきた。イクジというが、標準語ではアミタケ20〜30個、それとハツタケが4個。早速ばあちゃんが煮てくれました。うまかった。こんなに近くで採れるとは、ラッキー。アミタケは、煮てから大根おろしをかけ、酢醤油をかけていただきました。
 キノコとり名人に行ったら、今度ボリを採りに連れて行ってくれるそうだ。
 サケの遡上が始まりました。3kmほど下流に魚業組合が網を張っていて、もう遡上が始まっていて、何匹が捕まえたと言っていた。漁業だと言えば聞こえがいいけど、かわいそうだよな、こんなところまで子孫の繁栄のために、餌を食わずにのぼってきたサケを、捕まえてしまうなんて。もっとも、産卵すれば命が尽きてしまうのだから、有効活用と言えばそうだけど。サケもすべてが捕まるわけではなく、すり抜けた小型のものが、我が家のトマトハウスの脇にきて、バシャバシャ音をたてながら産卵する姿は圧巻だよ。そのあと、弱りはて、最後は河底に沈んでいる。それをアユやハヤ、水鳥たちが食べて命をつないでゆく。自然の、悲しくもせつない、ロマンだな。こうして、悠久なる自然の営みは営々と引き継がれてゆくのだ。などと他愛もないことを書いていると、またもみすりがいやになってくるんだよな。さぁ、仕事じゃ。
posted by ihatobo at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月27日

稲刈り始める

 今日は、ヒメノモチを60aほど刈り取りました。春にメタンガスが発生したために、生育が遅れ、これが最後まで尾を引いた感じです。収量は、まずまず、と言いたいが、低調でした。前回が50aで40石だから、今回が45石なので、少ない。おまけに、田んぼが柔らかいところがあって、泥んこ状態。驚くのは、その泥の中から大きなドジョウが何匹もでてきたこと。冬も乾かないから、あんな山の中で越冬するんだろうな。
 今度10月1日に開店する「賢治の大地館」という盛岡の産直に参加します。うちは、お米をメインにして、トマトなどを出荷予定。自分のだけならいいんだけど、隣の佐比内地区が県内有数のブドウの産地。ここに私がほれ込んだブドウづくりの名人がいる。盛岡の産直に出そうと誘っているんだけど、なかなか腰が重い。ので、「暮坪農場と仲間たち」というブランド名で出展予定。
 「賢治の大地館」に「紫波産直部会」(愛称パパラギ)で出店しているので、盛岡の方・また盛岡にきたかたは是非お立ち寄りください。
 先日、佐比内の砥ヶ埼というところ、その昔隠れキリシタンの里だったというところなのだが、そこに牧草の刈り取りに行ってきた。また、マムシに遭遇。生け捕りにして、産直に出すと1匹3,000円の価格がつくらしいが、一度も生け捕りにできず。昨年は、知らぬ間に刈り払い機で、切ってしまっていた。赤い模様のものと黒い模様のものとがいる。このまえ黒い蛇も現認した。
 明日は、盛岡市にお米とトマトの配達に行ってきます。
posted by ihatobo at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月13日

近況報告

大変長い間ご無沙汰です。どうやったらこのページにはいるのかを忘れてしまった、というよりも、教わったようにやっているつもりなのに、ここにたどり着かなかったのだ。
 今日は、9月13日の日曜日。ここのところ変な天気で大粒の雨が降ったかと思いきや、続いてぎらぎらの太陽が照りつける。
 佐比内の牧草団地はたいへん。刈り倒して、梱包するために集めた草が、雨にあたり、そのまんま。濡れた草を無理にロールにしていたら、重すぎて機械のほうが参ってしまった。ロールベーラーもラッピングマシンも。仕方なく、撤退。捲土重来を期して。
 紫波町でも、ヒメノモチの稲刈りが始まった。うちのヒメノモチを刈り取らないといけないのだけれど、牧草の後始末が長引き&まだ買っていないところもあり、困ってまーす。
 アイガモは、けっきょく204羽田んぼから回収した。現在、ハウス内で、ガーガー鳴いています。白いアヒル系も50羽ほどいるけど、とても「アフラック」とは聞こえませんね。
 今年は栗が大豊作。今夜は、600gのネットで46個詰めた。明日盛岡市のお店に出します。
 今度カワトクの秋のカタログ販売にうちの「完熟トマトジュース」が出ます。今の生トマトは味がのってとても旨い。
 頭が散漫すぎて、テーマが絞れない。項目の羅列にしかならないので、今日これまで。
posted by ihatobo at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月04日

はじめまして

 はじめまして。暮坪農場の高橋イサオです。
今朝は2時ごろから雨が降っています。今日は朝から、昨日の残りの牧草に肥料張る予定だったのに、パンクです。
 農場の近況を書きます。
 田んぼに放したアイガモたちはだいぶ大人になりまして、すっかり茶色とか黒茶色の羽になり、泣き声もピィではなく、グワッと鳴きます。カモの数が多すぎた田んぼでは稲が30%ぐらいしか残っていないところもあります。脱走兵が連日で多い日は、40羽ほどがネットをかいくぐって、となりのよその田んぼに出張です。何度も繰り返すので、お詫びがたいへんです。
 ホタルが大発生しています。トマトハウスに水をかけるために20時ごろ行くと、わきの赤沢川から大乱舞。見事なもの。
 どなたか夜のホタルをカメラに収める方法を教えてください。
posted by ihatobo at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記