2009年09月27日

稲刈り始める

 今日は、ヒメノモチを60aほど刈り取りました。春にメタンガスが発生したために、生育が遅れ、これが最後まで尾を引いた感じです。収量は、まずまず、と言いたいが、低調でした。前回が50aで40石だから、今回が45石なので、少ない。おまけに、田んぼが柔らかいところがあって、泥んこ状態。驚くのは、その泥の中から大きなドジョウが何匹もでてきたこと。冬も乾かないから、あんな山の中で越冬するんだろうな。
 今度10月1日に開店する「賢治の大地館」という盛岡の産直に参加します。うちは、お米をメインにして、トマトなどを出荷予定。自分のだけならいいんだけど、隣の佐比内地区が県内有数のブドウの産地。ここに私がほれ込んだブドウづくりの名人がいる。盛岡の産直に出そうと誘っているんだけど、なかなか腰が重い。ので、「暮坪農場と仲間たち」というブランド名で出展予定。
 「賢治の大地館」に「紫波産直部会」(愛称パパラギ)で出店しているので、盛岡の方・また盛岡にきたかたは是非お立ち寄りください。
 先日、佐比内の砥ヶ埼というところ、その昔隠れキリシタンの里だったというところなのだが、そこに牧草の刈り取りに行ってきた。また、マムシに遭遇。生け捕りにして、産直に出すと1匹3,000円の価格がつくらしいが、一度も生け捕りにできず。昨年は、知らぬ間に刈り払い機で、切ってしまっていた。赤い模様のものと黒い模様のものとがいる。このまえ黒い蛇も現認した。
 明日は、盛岡市にお米とトマトの配達に行ってきます。
posted by ihatobo at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32467524
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック